• トップ /
  • 歯科で治せる歯並びの症状

治せる歯並びの症状

歯科で治せる歯並びの症状

歯科でよく見る代表的な症状

歯並びを気にしている方は意外にたくさんいて、歯科では様々な種類の症状を持つ患者が治療に来ています。歯並びや噛み合わせが悪い状態のことを不正咬合といいますが、美容的な見た目が気になるだけでなくすみずみまで歯ブラシを行き渡らせることが困難なため汚れがたまりやすくなっています。その結果虫歯や歯周病の原因を作りやすく、歯科医院に通うことになるケースが多々あります。不正咬合の種類は特徴に応じていくつかに分けることができます。前歯が出ているいわゆる出っ歯で笑うと歯茎が出過ぎるもの、正面から見た時に上下の歯の間が開いているものなど様々あります。重なりあったりデコボコになった歯並びの場合、特に虫歯や歯周病になるリスクが高いのが特徴です。下の歯が上の歯より前に出ている状態を受け口といいますが、奥歯に虫歯ができやすくサ行やタ行の発音がしにくい場合があります。あごの大きさに比べて歯が小さかったり歯の数が少ないと隙間が多くなるため、そこに食べ物が挟まったり前歯の隙間に悩む人が多くいます。いずれの種類の不正咬合も歯科医院で解決することができるので、歯並びが気になる場合は相談すると気持ちを軽くすることができます。

バックナンバー

↑PAGE TOP